スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【土用の丑の日】 

DPP_02790.jpg

昨日の話しですが、土用の丑の日と言うことで
夫と川越に行き、鰻を食べに行って来ました。

川越は観光地と共に、鰻が美味しいお店が多い事でも有名です。


お休みに当たるのは滅多に無いからと、
実は初めて2人で鰻を食べに行きました。


夫の職場の方が教えてくれた 川越 いちのや さんへ。
特製うな重(菊)肝吸い お新香つきを頂きました。


DPP_02793.jpg

川越 いちのやさんは 天保3年(1832年)創業の老舗。


食べログ情報によると

蒲焼は白焼きをせずに生のまま蒸してから秘伝のたれをつけて
焼くという”いちのや”独特の製法でふんわりとした食感。

口コミを読むと、このやわらかさは好みが分かれるかも知れません。


グルメ番組で「口の中で溶けて行く…」「噛まなくてもほぐれて行く…」
など聞きますが、口の中で噛まなくてもまるでとけて行くようなおいしさ。

脂ののった身は柔らかく、タレも美味しかったです。お米もピカピカ。


DPP_02791.jpg

食後にデザートとアイスコーヒーを頂きました。

ふたりニコニコ。美味しく楽しい時間を過ごせました。
キモチもお腹もいっぱいになりました。



DPP_02792.jpg


川越 いちのや 埼玉県川越市松江町1-18-10

HP http://www.unagi-ichinoya.jp/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。